一般社団法人
全日本コメ・コメ関連食品輸出促進協議会
NEWS
2022.05.02

【農林水産省からのお知らせ】豪州の残留農薬基準値の改訂について

豪州における、残留農薬基準の改訂についてお知らせいたします。

豪州は、4月4日付けで、WTOに対し、豪州・NZ食品基準コードの改正(Codex基準に沿った農薬・動物用医薬品の最大残留基準の設定)について通報しています。

https://docs.wto.org/dol2fe/Pages/FE_Search/FE_S_S006.aspx?MetaCollection=WTO&SymbolList=%22G%2fSPS%2fN%2fAUS%2f533%22+OR+%22G%2fSPS%2fN%2fAUS%2f533%2f*%22&Language=ENGLISH&SearchPage=FE_S_S001&languageUIChanged=true

日本において、コメの残留農薬基準値の設定がある農薬成分のうち、Codexの基準値が豪州及び日本の基準値よりも低いものについては、シアントラニリプロール、パラコート、ピレトリン、ベンタゾンがございますので、豪州にコメを輸出される産地及び事業者の皆様におかれては、御留意いただきますようお願い申し上げます。
(通報によると、本年8月に公告予定とのことです。)

(参考)諸外国における残留農薬基準値に関する情報

https://www.maff.go.jp/j/shokusan/export/zannou_kisei.html

どうぞよろしくお願い申し上げます。

トップページに戻る

error: Content is protected !!