一般社団法人
全日本コメ・コメ関連食品輸出促進協議会
NEWS
2022.01.07

【農水省より】 RCEPを含むEPAを上手に利用して、日本産農林水産物・食品を有利な条件で輸出してみませんか 

~次回のGFVC協議会全体会合(2月3日(木曜日))は、EPA利用促進セミナー~

本年1月1日、日本とASEAN10か国、中国、韓国、豪州、NZの計15か国が参加するメガEPA(経済連携協定)であるRCEP(地域的な包括的経済連携)協定が発効しました。農林水産省は、RCEP協定の発効を踏まえ、RCEPなどのEPAを利用した日本産食品の輸出を促進するため、2月3日(木曜日)に、グローバル・フードバリューチェーン(GFVC)協議会をオンラインで開催します。
RCEPを利用することで、主要輸出品目を中心に低い関税率で中国や韓国へ輸出することが可能となります。また、ASEANなどEPAを締結している国向けの輸出でも、RCEPを使うことにより、有利な条件で輸出できる可能性が高まります。RCEPを含むEPAを上手に利用して、日本産農林水産物・食品を有利な条件で輸出してみませんか。

1.概要

農林水産省は、RCEP協定の発効を踏まえ、令和3年度第2回GFVC協議会全体会合として、RCEPを含むEPAを利用した日本産食品の輸出を促進するためのEPA利用促進セミナーを2月3日(木曜日)に、オンライン形式で開催します。RCEPの特徴やその効果的な利用方法等について、具体的な品目を事例に詳しく丁寧に解説します。

2.GFVC推進官民協議会全体会合について

【日時】令和4年2月3日(木曜日)14時00分から16時20分まで

【形式】オンライン(ZOOM)形式

【プログラム】
1.開会の挨拶
2.RCEP協定について
(1)RCEP協定の概要(農林水産省輸出・国際局国際地域課)
  日本産食品の輸出促進に向けたRCEP協定の利用について解説します。
(2)RCEP協定の活用(東京共同会計事務所)
  具体的品目を事例に、RCEPの特徴や活用例について解説します。
  「既存のEPAは利用できないが、RCEPなら利用することができる産品」について具体的事例を交えてわかりやすく解説します。
  さらに、RCEPという新たな選択肢が増え、
  「複数のEPAの中でどのEPAを利用するのが最も有利なのか」についても事例を元に解説します。
3.講評
4.閉会の挨拶

3.参加申込

(1)本会合は、GFVC会員に限らずご参加いただけます。
  【参加申込フォーム】
    https://reg.lapita.jp/public/seminar/view/3322(外部リンク)
  【申込締切】令和4年1月31日(月曜日)12時00分(必着)

(2)参加される皆様への留意事項
  次の留意事項を遵守してください。これらを守らない場合は、参加をお断りすることがあります。
  Web会議を撮影、録音しないこと
  Web会議用のURLを転送したりSNSで公開したりしないこと

(3)その他
  参加等に係るインターネット通信料は、参加者の負担となります。
  パソコン、タブレット、スマートフォン等での参加が可能ですが、安定したネットワーク環境の利用を推奨します。
  ネットワークの回線状況やWi-Fi環境により動作に支障がでる場合がございますので、あらかじめ御了承ください。
  お申し込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、御本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。


 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

  お問合せ先
  輸出・国際局国際地域課EPA利用促進チーム
  担当者:菅野、番浦、中杉
  代表:03-3502-8111(内線3472)
  ダイヤルイン:03-3502-8087

 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

トップページに戻る

error: Content is protected !!